Feb 19/2003 ひょっとして GEユーザーに朗報?
GEのミルウォーキー本部のMRI担当重役が来日されるというニュースを察知したので、面会させていただきました。もちろん、目的は以前レポートした問題を直訴することです。英語、ヘタクソなので、予めプレゼンテーションを用意しておいて(これは得意ね)、熱弁を1時間振るったのですが、その甲斐あってか?、脂肪抑制のFIESTA拡散強調画像(Phased Array Coilとの組み合わせ)について、non-EXCITE userへの供給も前向きに考えてくれることになりました。やったぜ。

みなさんご存じのように拡散強調画像はASSETと組み合わせると歪みの改善に大変効果的なわけですが、最初GEの人は「ASSETの計算をnon-EXCITEでやると時間がかかるからダメ」という風に言っていました(つまり、時間がかかるとユーザーが不満を言うので供給すべきではないと考えていたようです)。 そりゃ間違ってるよなぁ。そこで「それはユーザーが決めることなのでぜひ供給はしてください。MRIの命はコントラストなのだから、撮影する自由を与えてください。再構成に時間がかかるからやめるのか、それでもやってみるのかはユーザーが決めればいいと思います。」などと頼んだのですが、意外にすんなり受け止めてくれました。

と、言うわけで、4月の放射線学会では良いニュースもあるかも....(^^)ですよ。確約してもらったわけではないので不明確な部分は多いのですが、皆さんの一押し、ぜひお願いします→皆さんからもGEの人に頼んでおいてね〜。なお、企画していただいたGE-YMSの皆様、ありがとうございました。


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\