Jul 3/2002 千壽庵吉宗のわらび餅
大阪駅で、東大の赤羽正章先生に教えてもらった美味しいわらび餅を買ってきたのでご紹介します。

「千壽庵吉宗のわらび餅」っていうもので、赤羽先生の一押しなんです。赤羽先生のこの手の「美味しいもの」に対する嗅覚には定評があるところなので(^^)、「新大阪駅で買える」という情報を教えてもらったので探して買ってきました。

左の写真は売り場のところにあったパネルです。このわらび餅には添加物は加えず、自然のものだけを使って作られているとのことです。

売っている場所はここです。

地下1階にある新幹線の中央入口(下図)を入ったら、左前方のJRのおみやげ売り場にあります。

はい、実際の写真で矢印を表示するとこのようです。

正面には本屋さんがあります。

こんな風に陳列されていました。わりと控えめです。

お値段は8個(に切ったもの)入りで530円と、1000円当たり前のおみやげの中にあって抜群に安価です。

このわらびもちはお店の人によると「大阪の夏の風物詩」であるそうで(?)、この日は1階の広場にも特設売り場が設けられており、こちらではごらんのように山積みになっていました。

試食品の写真です。

(おみやげの中にはいっているものはもっとずっと大きいのですが、これは試食品なのでこまかく切ってある)

普通のわらびもちよりもすこし色が黒く、自然な感じです。またぷるぷるしていてい、とってもやわらかいです。

いうわけで、大阪へお寄りの際は、この「わらび餅」はいかが?

家へ帰って食べてみましたが、なるほど赤羽先生おすすめの言葉どおり(「ほんのりとした甘さがすばらしい」)、大変美味でした。ちなみにこのお餅、冷蔵庫へ入れると固くなってしまうんです。ですので表紙には「冷蔵庫へ入れないでください」とかいてあります。「食べる直前に15分ぐらいさっと冷蔵庫へいれて少しだけひんやりしたところで食べるのがミソ」とお店の人に教わってきました。


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\