Oct 2/2002 台風通過
晩は強い台風21号が神奈川県や東京都を通過していきました。

台風は川崎市に20時30分ごろに上陸したとのことです。ちょうどその日は読影があって、茅ヶ崎市に19時30分頃つきました。東京をでるときには風が中心だったのですが、到着直前に相当雨が降ってきました。その後読影をしながらちょくちょく見ていたので


すが、確かに20時半ごろは一番ひどい嵐でした。ところが、20時45分頃になると急に風がおさまりました。この台風の「眼」はすでに消失していることを衛星写真で見てわかっていたのですが、そのときの正確な台風の位置が分からなかった(ニュースでは9時過ぎに川崎市上陸を伝えた)ので、ひょっとしてこの辺を中心が通りすぎているのだと思い、病院の屋上に上って写真を撮ってみました。
右の写真が西側(大阪側)の空です。台風の後側に当たるのですが、うーむ確かに空が晴れてきました。(黒い部分は晴れて星が見えています)

なお左側に見える道路は国道1号線(東海道)です。

上は東側(東京側)の空です。前の写真との違いがちょっと分かりにくいかもしれませんが、一面の雲で、遠くは雨雲により黒くなっています
で、しばらく見ていたのですが、そうこうするうちに、空はまあ晴れているのだけれどまた風がどばーと吹いてきたので、何かに当たって新聞に載っては大変と病院内に入りました。というわけで、やっぱり中心に近い部分が通り過ぎたのだと感慨しきり。東京だとなかなかこういう機会はありません。
その日はパソコンで自動的に天気図を取り込んでくれるソフトを動かしていました。ちょうど読影時間はデータが抜けていて、見ることができませんけれど、台風の進行方向の逆側(背側部分)にはほとんど雲がないことが分かります。台風の速度がとても速く、天気の変化が急速だったので、実にわかりやすい経過でした。

で、この話にはとくにオチはありません。天気のことに興味があるので、感慨深かっただけで....(昔天文部だったから。→写真の現像をしたり、天気図を書いたりしていました(^^))


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\