7月5日(木)は深夜に部分月食がありました.
当直で大学にいたので,10階の窓から,手元にあったデジカメで撮ってみました.

デジカメで撮ると,月などは普通うまく撮影できません.
写野に対して,光っているものが非常に小さいので,中央重点測光しても露出オーバーになってしまうからです.

でもこのデジカメ(NIKON COOLPIX 990)には,マニュアル撮影モードがあるので,シャッタースピードを速くして撮影できます.昔は撮影した結果が次の日に現像しないと分からないので,こわごわ露出を決定していたんですが,デジカメだとinteractive(!)に結果を反映できるので,適正露出でとれますね.

な〜んて,久しぶりに天文ファンに戻りました.
ま,画像は大したことありませんが..

杏林大学病院の10階からみる月食.

(夜景と月の両方を適正露出にするのは三脚などを用いてあとで合成する必要がありますが,なかったので両者の妥協点で撮影しています)

これは南のそらです.南のそらなのに,月の上半分が欠けているってのは,とってもunusualなことです.

撮影条件 F3.1,1/15sec

月の望遠イメージ

COOLPIX990は3倍望遠ですが,これでは足りないので,デジタルズーム4倍(合わせて12倍)で撮影しました.

デジタルズーム4倍なんて劣悪な条件ですが,もともとが300万画素なので,案外良く撮れるなという印象です.

撮影条件 F4.0,1/30sec

ちなみにこれは杏林大学からみた夜景.
吉祥寺方向へ走る道路です.

撮影条件 F3.1, 2sec


\HOME\自己紹介\MRIの本\学会報告\学会TIPS\発明\便利グッズ\
\最近の活動\Taro's\LINKS\