Jan 24/2002 医用画像→携帯へ転送
J-phoneとPhilips Medical Systemとインフォコムにご協力をいただきまして,医用画像を携帯へ転送して診断できるかどうかの実験を行っております.

J-phoneには「写メール」という機能がありますが,これを利用してMR画像を転送する実験です.いままで,携帯に附属しているカメラを用いてフィルムを撮影し,これを転送する実験は行われていましたが,今回はインフォコムさんが作成したソフトウエアを用いて,フィリップスMR装置からデジタルで出力された画像を携帯へ半自動的に転送することができるようになりました.

携帯電話の扱えるファイルの大きさには厳しい制限がありますが,この上限に自動的にあわせて画像を送付する点が工夫されています.

とくに使用頻度が高いと思われる神経放射線領域を土屋一洋助教授にご指導をいただき,また腹部画像もあわせて実験が行われております.

プレスリリースが行われましたのでごらんください.(ZDnetの記事ではなぜか蜂屋順一先生の文字が間違っています.この点につきましてあらかじめお断りをさせていただきます)

(ZD net記事)
J-フォン端末に医療画像を転送──実証実験開始

J-フォンプレスリリース


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\