Mar 5/2002 ビールで放射線撃退の可能性…医学総合研の実験
記事のURL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020304-00000502-yom-soci

読売新聞の記事を紹介します.
 放射線を浴びる前にビールを飲んでおくと、被ばくによる障害を予防できる可能性のあることが、放射線医学総合研究所(千葉市)の実験で分かった。同研究所の安藤興一グループリーダー(放射線生物学)らは「有効成分や作用の仕組みを突き止めれば、被ばく症状の予防方法を開発できる」と期待、今月11日から奈良市で開かれる宇宙放射線研究国際ワークショップで発表する。

 同研究グループの千葉大大学院生、物部真奈美さんが、空腹状態でビール0・7リットル(大瓶約1本)を飲んだ後に、血液を採取。この血液にエックス線や重粒子線(炭素イオン)を照射し、リンパ球の染色体に生じる異常を調べた。その結果、飲酒後の血液は、染色体の異常が、飲酒前の血液の約3分の2に減少していた。

 放射線を浴びると、体内に「フリーラジカル」という反応性の高い分子ができ、遺伝子を傷つけて、がんなどの原因になる。アルコールは、ラジカル分子を消す働きをもつことが知られているが、今回は、飲酒から4時間以上後のアルコール濃度が下がった血液でも効果が続いた。ラジカル分子を発生させずに遺伝子を直接壊すことが多い重粒子線に対しても、飲酒後の血液は損傷が少なかったという。(読売新聞)

\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\