Aug 5/2001 酸素ボンベ事故続報
の後分かったことについて,ご報告します.
・事故が起こったのはSigna(以下注参照のこと)
・事故を起こした病院のMR検査経験は10年以上,
 MR台数は2台.
・酸素ボンベは66cm長のもの
・事故時の状況についてはあいかわらず不明
・Detachable寝台利用の有無については不明
(注)なお,この事件は,酸素ボンベを持ち込んだ人に責任が
   あり,
MR装置製造者(GE)には直接の関係はありません
   逆にいいますと,
どの装置でも起こり得る問題です.
   この点について間違いのないようにお願いいたします.
 上記の事実(GE社には直接の責任はなく,基本的にどの会社のものでも
事故が起こり得る)にもかかわらず,GE社は本日,ユーザーに対して
緊急の連絡を行い,注意を喚起することにしたそうです.

 なお,その文書の内容にも書かれてあるのですが,患者さんの緊急対応時
などに,狼狽して反射的に酸素ボンベを持ち込もうとするような状況が
起こることも考えられます.
 実際にいままで私のほうへアンケートをお答えいただいた内容を読みましても,相当な数でボンベなどが飛ぶ事故もおこっているようです.お互いに気をつけて検査したいと思います.

\HOME\自己紹介\MRIの本\学会報告\学会TIPS\発明\便利グッズ\
\最近の活動\Taro's\LINKS\