音声認識→「テキスト+録音」であることの説明
覧のように、読んだ音声を、再生することができます。再生位置を表示しながらなので、間違えて認識したところも、声ならただしく理解することができます。このような機能はすでに「議会の議事記録」として市議会などに採用されているそうです。なおこのような音声テキストファイルは、Advanced Mediaでは.vtxt (Vテキスト)という拡張子をつけて、単なるテキストと区別しています。
トップへ戻る