擬似講演での動作状況
れは、拡散強調画像のプレゼンのさわりの部分をためしにぶっつけ本番で録画してみたものです。もちろん間違えるのですが、現状でもかなりの精度があることをお分かりいただけると思います。辞書が30倍になると、もうすこし賢くなるはずなので、楽しみです。
なお、このようにしてしゃべった内容は、「再生可能なテキスト」として保存できます。

つまり単なるテキストなのではなくて、いわゆる録音機能を併せ持っています。

その様子(QTmovie 1.2MB)

トップへ戻る