NEWS 新型iBookにもピッタリはまることが判明!! 近日写真アップします.
然ってのはあるもんですねえ.

友人から贈っていただいた書見台,とても品質の良いものです.自分ではなかなか買えないもので喜んだのですが...

あれ?これそーいえば似てるなあ〜,
と思って調べてみると...

なんとなんと,ピッタリなんですよ.


そう,PowerBook G4を載せてみると,完全にピッタリ

まるでサイズを測って作ったスパルタかます* みたいな錯覚を起こします.

*スパルタかます

昔Mac発売20周年を記念して,20th Anniversary Macintoshというのが売り出されました.それは液晶が搭載された,縦型のパソコンだったのですが,その開発コード名は「スパルタカス」という名前でした.

その後,PowerBookをタテに延ばして使うようなツールが出回り,あたかもスパルタカスのような形にできるという意味で,「スパルタかます」と命名されたようです.

オマケに書見台ですから,このように角度調整機能も付いていて,至れりつくせりです..
本を差すために,本を受ける板はバネで開閉します.

(ロールオーバーにしていますので,写真の上にポインタを重ねて下さい)


背面の形状も,ちょうどいい感じですから,コネクタを差し込むのにも問題ありません.

材質が木ですから,導熱性には劣りますが,格子状に孔が空いていますので,風通しがきき放熱はよいというオマケつきです.


ちなみに,書見台が届いたときに,ちょうど読もうと思っていた本の名前は「この世で一番の奇跡

う〜ん.偶然にしてはできすぎですね.

ちなみにこの書見台,丸善のLife Gear 「森林楽」(しんりんがく)という商品のようです.

贈答用で,値段はちょっと高いみたいだけど..
書見台としても使えて(?),木のぬくもりがいい人には,とってもよさそうです.


\HOME\自己紹介\MRIの本\学会報告\学会TIPS\発明\便利グッズ\
\最近の活動\Taro's\LINKS\
更新)丸善の松本さんよりカラーのカタログをお送りいただきました.>松本様,ありがとうございました.

書見台には3種類があり,そのうちの「格子書見台」というタイプだそうです.
友人から頂いたのに値段のことを言うのもなんだけど(ゴメンネ),6500円となかなかのお値段です.
でも,この値段はスパルタかますより安いですね.品質はかなりよいものなので,おすすめです.
但し,本家本元のスパルタかますと違って,この書見台は,セットした状態ではCDは取り出せませんし,キーボードは本体下には入りませんのでその点にはご注意を.