Jul 21/2002 緑のレーザー・ポインター(続報:その3)
日ご紹介した緑のレーザーポインターですが、同じ杏林大学の高橋 良先生からメールをいただきました。高橋先生にご許可をいただいたので、そのやりとりの様子をWebにアップします。

高橋先生は杏林大学医学部共同研究施設フローサイトメトリー部門の先生です。このwebサイトは高橋先生が構築されたものですが、プロフェッショナルです〜。

その1:最初の紹介
その2:緑と赤の比較、色覚バリアフリー
その3:杏林大高橋良先生からのメール
その4:2つの製品の比較
その5:高橋先生の記事の紹介

便利グッズに 戻る
トップページに戻る

高原太郎先生:

はじめまして,高橋@杏林大学医学部共同研究施設フローサイトメトリー部門と申し
ます。杏林大学関係のweb siteをいろいろ見ていたところ,高原先生のサイトへたど
り着きました。

ところで,私どもはレーザーを扱っている研究部門で,先生の記事にありました「緑
のレーザーポインター」へ自然に興味が湧いてきました。

そうこうしているうちに,物欲感が高まりまして,どうしたら入手できるのかいろい
ろ情報を検索しました。ところが,国内では,消費生活製品安全法の規制によって9
月まで入手できなくなってしまったそうです。そこでDeHarpporte Trading Company
社 ( http://store.yahoo.com/deharpport/greenlaspoin.html ) の製品を輸入代行
している(株)エル・エム・エスに問い合わせを試みましたが、うまく連絡がとれな
かったため、米国で他に取り扱っているLaser Guy 社
( http://store.yahoo.com/thelaserguy/er163mwgreen.html )から個人輸入で注文
している最中です。

注文しているものは 3 mW タイプのもので(恐らく DeHarpporte 社 EmeraldFlash
GLV3 の OEM 品),納品が間に合えば8月初旬の学会発表で使用してみたいと考え
ております。

さて,「結構明るい」ということですが,実際はどの程度の明るさなのでしょうか?
また,ISMRM 2002の会場で実際に使用されたときの様子(明るさ・会場の反応とか評
判)などお聞かせいただけたら幸いです。


お忙しいところ突然のメールをお許し下さい。

--------------------------------------------------------------
高橋 良(TAKAHASHI Ryo, Ph.D.)
杏林大学医学部共同研究施設フローサイトメトリー部門 助手
高橋 良先生、はじめまして。
緑のレーザーポインター、私は「ブロードバンド」社から入手いたしました。
(http://www.bblaser.com/)(TEL 03-5838-0082)
定格はwebにも書いたとおり5mWのものです。
夜に実験を行うと、本当にかなり危ないと思うほど明るく、直接目に光線が
入ったら失明するのではないかと思うようなものです。(もちろん赤のもの
でも当然そういう危険はあるでしょうが、それよりもずっと危険が高いと思
いました)。とくに子供のいる家庭では注意が必要だと思います。


さて会場で使用した明るさについてですが、明るすぎてダメかなと危惧してい
た割には大丈夫でした。これは、家で実験したときには真っ暗な環境で見たの
に対して、会場は淡い照明が口演中もついていたためだと思います。何人かに
感想を聞きましたが好評で、明るすぎると言っていた人はいませんでした。
しかし、ISMRMは500名以上を収容できる大きさの会場でしたので、これに
応じて演者-スクリーンおよびスクリーン-聴衆間の距離が大きかったことを考え
ると、ミニレクチャーなどでは明るすぎる状況もあろうかと思います。したがっ
て先生の選択された3mWは良い選択ではないかと思います。よろしければ今度
実際に先生のものと比較してみたいですね。

以上ご報告申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
高原先生:

メイルありがとうございます。
高橋@杏林大 共研FCMです。

on 2002.07.19 11:37, Taro Takahara at tarorin@kyorin-u.ac.jp wrote:
> 緑のレーザーポインター、私は「ブロードバンド」社から入手いたしました。
> (http://www.bblaser.com/)(TEL 03-5838-0082)
先生のページからリンクしてありました「色盲の人にもわかるバリアフリープレゼン
テーション法 」に載っていたところですよね?ここも国内在庫はいまのところ無い
という回答でした。

> 何人かに感想を聞きましたが好評で、明るすぎると言っていた人はいませんでした。
> しかし、ISMRMは500名以上を収容できる大きさの会場でしたので、これに応じて演者-
> スクリーン間の距離が大きかったことを考えると、ミニレクチャーなどでは明るすぎる
> 状況もあろうかと思います。したがって先生の選択された3mWは良い選択ではないかと
> 思います。
これを聞いて安心しました。今回は少し大きな会場を予定しているので,実際にテス
トしてみてからと考えています。ただ,品物がアメリカからきちんと届いて動作して
くれればの話ですが。。。おそらく来週後半〜学会ギリギリには届くと思います。

ところで,米国では緑色レーザーはメジャーなんでしょうか?日本国内ではまだまだ
マイナーでしょうから,発表内容よりもレーザーの方に関心がいってしまうかもしれ
ませんね〜

お忙しいところ有り難う御座いました。今後ともよろしくお願いします。
At 04:02 PM +0900 02.7.19, Takahashi Ryo Ph.D. wrote:
>ところで,米国では緑色レーザーはメジャーなんでしょうか?日本国内ではまだまだ
>マイナーでしょうから,発表内容よりもレーザーの方に関心がいってしまうかもしれ
>ませんね〜
>

ISMRMではランチョンセミナー中に、他の人が一人使っているのを拝見しました。
しかしこれ一回きりですので、まだめずらしいものではないかと思います。

内でのレギュレーションの変更に関しては、「ブロードバンド」社の桜井さんに聞いたところ、安全回路に関するものだそうです。この変更に対応するためにブロードバンドの取引先である台湾の会社はモデルチェンジを行っており、おそらく対策品が8月には入るだろうとのことでした。

安全回路の具体的内容については、「従来品は故障時に定格以上の出力がでてしまう可能性があった(例えば5mWのものでも、10mWとか出てしまう可能性があった)が、このようなことが起きないような安全回路が新たに求められた」(桜井さん談)とのことだそうです。

なお、ブロードバンドでは5mWの製品しか取り扱いがないので、3mWのものを入手する場合には、高橋先生の購入されたところ(Laser Guy社)がよいと思います。Webで簡単に注文できます(品物を選んで「Check out」をクリック)。

この会社ではモンブラン万年筆型(5mW)のものも取り扱っています。いずれも160-175ドルなので、2万円強で手に入ると思います。なおこの会社の製品については、右上の点についてご注意ください。

私の持っているのは5mWのPulseタイプ(断続的に出る=連続波の70%相当)です。断続波は、バッテリーの持ちが良い変わりに、実効出力は落ちるはずです。

Laser Guy社のものはコンスタント(連続)波なので、明るすぎる5mWのものを避けようとして3mWのものを買ったとしても、期待に反してなお明るすぎるかもしれません。(この辺は実験しないとわかりません。)


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\