MacのキーボードからiPhone(スマートフォン)に直接文字を入力する (Type2Phone) [2]

2012.1.14(Sat)

それではType2Phoneの機能を紹介しますね。すぐに動画を見てもらってもいいですし、下の説明をご覧になっても良いと
思います。

 

1)高速入力

この写真のように、長いフォーマルなメールも簡単に作成できるようになります。このアプリでは、「トラックパッドが
使えない」ことに慣れる必要があるのですが、何度かやることにより、カーソル移動(→)キーで操作するのに違和感無く
できるようになります。複数の文字の選択は「Shiftキーを押しながら→キーを押す」ことによりできます。MS-DOS
のときからの操作性ですが、久しぶりに思い出しました (^^;)  あと、連絡帳は、やってみると凄さがわかりますよ。

email input

2) 入力モード

Type2Phoneは、ディフォルトでは、入力した文字がデスクトップ上に表示されるのですが、メニューからStelth Mode and/or
Collapsed Modeを選択することにより、 不可視にできます。

input mode

3) iPhone control

2012.1.9にリリースされたversion 1.3ではiPhoneをコントロールできるようになりました。
明るさ(これはいいかも)調節や、音楽の演奏、画面ロックなどができます。

iphone control

以上、説明でした。もうひとつのiPhoneから動画撮影したのですが、自分の目の前に撮影用のiPhoneがあると、タイプが
できないので、こんな感じに斜めにセットして撮影したのです。ちょっと普通とは違うので緊張して何度か失敗しました (^^;)

 

テザリングに関する考察は、その1のほうを見てください。

(ホームページに戻る)