2/Mar Photoshopでgradationのかかった画像を作る(レイヤーの使い方)
右の画像はPhotoshopを使って作成したものです.このような明るさのグラデーションがかかった画像がどのようにしたら出来るのかを説明します.

これは,「レイヤー」という技法を使っています.レイヤーが使えるようになると,いろいろなことができるようになります.


Step1

まず編集したい画像をphotoshopで開いてください.

(この説明では,少々古いphotoshop 3.0Jを使用しています)

Step2

ここでは,レイヤーという重要な機能を用います.

左の写真のようにして,「レイヤーの表示」を選んでください.

Step3

開かれた画面はレイヤーの編集画面です.

レイヤーとは,透明のカットフィルムのようなもので,何枚でも重ねて使用することができます.

図のように編集画面の左下のボタン押してください.

Step4

そうするとレイヤー名を聞いてきますが,そのままOKします.


Step5

左のように,フィルムが2枚になって,上にはレイヤー1が重ねられた格好になります.

左側の目のマークに注目してください.これはレイヤーと背景の両者が見えるようにしてあるという意味です.

Step6

重ねて表示しても,レイヤー1にはまだなにもかかれていないので,画面は変わりません.

Step7

ここで背景の「目」のアイコンをクリックして消してください.そうすると,まだ何も描かれていないレイヤーのみが表示されました.


Step8

このレイヤーに,左図のようにグラデーションツールを用いて,グラデーションをつけてください.

任意の位置からdragすると色が塗れます.

やり直しがききますので,何度か試してください.

Step9

これができても,白黒のグラデーションが見えているだけです.これはレイヤーを単に上に載せているからです.

Step10

そこで,左図のように,「通常」という表示のものを「スクリーン」に変えてみてください.


Step11 〜完成

そうすると,このように「重なって」表示されるようになり,完成します.レイヤーは沢山作れますから,文字を重ねたりするときに頻用されます.

(補足)

なお,そのほかにも,「比較(明)」=MIP を用い,かつ不透明度を調整しても同様の効果が得られます.他にもいろいろな画像がつくれますから,試してみてください.