Sep 18/2002 Bフレッツ(その5) - 接続速度の実際
ここでは接続速度と、動画の見え方について実例を示します。
Bフレッツのユーザー専用ページに設けられた回線速度測定結果です。「最大100Mbps」の謳い文句ですから、回線を何世帯かでシェアする「ニューファミリータイプ」なら48Mpbsはリーズナブルな結果だと思います。
ちょっと字が小さくて見えにくいですが、標準的な機種およびOSと、その測定結果の実例も表示されています。

PM G4(OS X) 62Mpbs
PM G4(OS 9.1) 15.5Mbps
PIII650MHz(WinMe) 66Mbps
Piii650MHz(WinMe) 34Mbps
などの結果がかかれています。これがどの程度になるかは、その回線の状況によるようです。

ちなみに無線LAN経由*でも測定してみました(これは高橋光幸さん紹介のサイトで測定)。

測定結果はご覧の通り3〜5Mbpsです。無線LANは最高11Mbpsのスペックな訳ですが、ほかの報告でもだいたいこの程度の結果が得られているようです。

*光ファイバー回線から無線LAN用のルータ(AirMac)を介して接続

これはBフレッツのニュース画面。リアルタイムでフルスクリーン情報が送られてきます。Waitはほとんどゼロです。
そのニュースでやっていたのがこれ。デジタルビデオをパソコンに接続することにより、光ファイバー契約をした2世帯間で、フルスクリーン・リアルタイムのテレビ電話として機能するようです。

これはすごい。おじいちゃんやおばあちゃんが離れたところに住んでいても、孫の顔を見せられるわけです。

学会の抄録チェックとかのやりとりも、身振り手振りでできますし、teleradiologyで問題になっている「双方向性の欠如」を解決できることになりますね。これはすごいなぁ。

これはAppleのweb siteにある、映画の予告編を見せてくれるサイト(Movie trailer)。

こんど米国で公開される「千と千尋の神隠し」の予告編です。

小さくて見にくいかもしれませんが、再生位置を示すボタン(左側に表示されている丸いもの)と、ダウンロード状況を示すバーの長さとの関係にご注目ください。再生速度より遙かに速いスピードでダウンロードされていることがわかります。つまり余裕しゃくしゃくな訳です。

これはフルスクリーンの映画予告編です。迫力あります。(ただしいまのところ、このような大きな予告編はほとんどありません。)
100Mbps ってどういう速度?

・Mbps = Mega bit / sec
・MB = Mega
byte

・8bit = 1byte

・100Mbps = 12.5MB/sec

ところでみなさん、 100メガっていっても、どういう速度か知らない人のほうが多いですよね。100Mbpの「Mb(メガビット)」って、ふつう使っている「MB(メガバイト)」と違うんですよ〜。8bitが1byteなので、よく知っている感覚で考えると、100÷8 = 12.5ですから、12.5MB/secということなんです。

100Mbps = 12.5MB/s
5Mbps = 0.6MB/s
64Kbps = 8KB/s

という感じですね。

だからたとえば24MBのファイルをダウンロードしようとすると、

100M: 2秒
5M:40秒
64K:3000秒(50分)ということになるわけです。

光ファイバーしかない!? さてここまで読んだら、「もう光ファイバーしかないっ!」って思う人も多いと思います。が、もうちょっとだけ待ってくださいね。次のコラム読んで納得した上で頼むといいと思います。

\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\