皆既月食続報

RSNAレポートの時に書いた皆既月食は、12月10日土曜日の夜10時すぎから始まります。
またリンクを下の方に再掲するので、みてくださいね。

また新しいリンク(PDF)も貼っておきますね。これを印刷すれば、お子さんのスケッチ用にも使えますね。

guide

さて、月食は、月が欠けていくのを見るのを楽しむわけなんですけど、皆既月食の時は星空にも注目!
というのは、月食の起こるのは満月の晩なので、空が明るくて星がみにくいのですが、皆既月食時は
暗ーくなるので、星が見えるようになるんです。ちなみにたまたま、ふたご座流星群のピーク(14日ごろ)
にも近いので、流れ星も見えるかも。

Webで、夜空の明るさの変化を書いたグラフがあったので貼りつけておきますね。
半影がPenunbra、本影はUnbraです(ペナンブラって脳梗塞(に陥りそうな灌流の低い領域)に使いますが、
この「半影」が語源ですね)

このグラフで著者は、「半影のときの暗くなるスピードと、本影に入った後のスピードはあまり変わらない」
と書いていますが、たしかにそうですね。日食の時と違って、地球の大気で半影と本影の境界がボケるから
なんでしょうね。

skybrightnesschange

<以下はこの間の記事>

それで、この上弦の月が次に満月になる一週間後、日本では皆既月食が見れます。来週の土曜日、夜10時過ぎからが見頃です。
満月の晩は、明るくて星があまりよく見えないものですが、皆既中は暗くなるので星がいっぱい見えるようになるので面白い
ですよ。

かんたん→リンク

すこし詳しい→リンク

Wikipedia (英語)専門的な地図つき→リンク

ちなみに、ハワイでは12月10日の朝に起こるのですが、ちょうどホノルルマラソンが始まる頃のようです。
(YouTubeでハワイの状況を説明している動画)
知り合いでマラソンに行く人がいるので、月食見ながらがんばってね〜とエールを送りました (^^)

それからもう一つ大切なことが。来年は非常にめずらしい金環食(金環日食)が太平洋ベルト地帯で見れます。
これは5月21日月曜日です。太陽が下の絵みたいになっちゃうんですよ!
朝の現象ですが、じっくり見たい人はお休みを入れておきましょうね!

annularsolareclipsetokyo