Dec 10/2007 Siemens Angio Zeego
Siemensのブースの今年の並べ方は、modalityを超えて、新しいものをひとつのところに置いてあったので、すぐにこの面白い装置に気付きました。名前をZeegoというようです。ジーコジーコ動くからです(ウソです)
このよーに、Cアームを懸架しているアームに、複雑な関節構造が採用されています。 Robotic Armというんだそうです。理屈抜きでメカ好きにはたまらない格好をしていますね。

以下、写真をとったので並べますね。すごく微妙に動くのですが実に巧妙なcomputer controllでした。

そのほかは余談です!

夏休みに車でドイツとスイスを通ってイタリアまで旅行しました。

行きは1500kmの道のりで、ひとりですべて一気に運転(所要時間18時間ほど)するというクレージーなことをしたのですが、さすがに疲労困憊、お尻もイタいという感じでした。

帰りは嫌になって、いろいろと聞いたところ、どうもAutoZugというカートレインがあるという情報を得て、首尾よくこの切符を購入しました。

このAutoZugに載せて、イタリアのNapoliからドイツのMunchenまで電車で1000km移動しました。

Napoliを出発したのが夕方で、翌朝ミュンヘンに到着。残り600kmをオランダめざして走ったのですが、その間にレゴランド(Legoland homepage : 注意音が出ます)があったので、寄ってあそびました。

あそこにあるBIONICLE@POWER BUILDERというatractionにとてもよく似ています。あのarmmoSiemens社製かなぁ〜と思いました。

長い余談でした...。

ところでこの最初の写真の中にある”zee" ってどういう意味でしょうね。オランダ語だとseaなのですが、見るっていう意味かな。
というわけでさすがにもう書くことがありませんが、このすごい動きの一端をご覧頂けましたでしょうか。シーメンスのRSNA報告会とかでビデオをみてくださいね。