Dec 2/2007 Simens CT - Somatom Difinition AS / DS
SiemensのCTは、今年は昨年衝撃のデビューを飾ったDual Source (DS)のほうには大きな改変はありませんが、新機種としてASが発表になりました。
ASは、Adaptive Scanの略ですが、同時に、4D Adaptive Spiral で撮影できることを示しているようです。
上記は動画を撮影したのですが、タイミングが悪くてちょっとわかりにくいかもしれません。128列0.6mmで撮影するときに、ガントリがZ軸方向に高速で往復し、広い範囲のperfusionを可能にするというものです。

左側はその説明ですが、Powered by Siemens
HD Volume Projectoinsと書いてあります。

動いて撮影する様子を、Volume Shuttleとも言うようです。

Volume Shuttle (Adaptive Scan)で撮影した頚部の造影CTです。実際にはこれはマルチフェーズで撮影されています。

左下の読めないところを拡大しますと、

このように、検出器の幅は約7センチだが、Scan LengthとかPerfusion Rangeは、14cmあるよということを示しています。

スキャンレンジによりますが、頭のpefusion(だいたいこの範囲か)は1秒ごとのデータがとれるということでした。

フィリップスのiCTのところでもでてきましたが、シーメンスでもAdaptive Dose Shieldとよばれる、ヘリカルの裾野の部分をシャッター構造で被曝しないような構造が入っています。
こちらはDS (Dual Source)で撮影した腎結石の写真。蓚酸カルシウム結石と尿酸結石を識別できるというデモです。

日本では前者に代表されるカルシウム結石(蓚酸カルシウム、燐酸カルシウム)がほとんどなのであまり役立たないそうですが、外国では役立つとのこと。

こちらは、Dual Energyを利用して骨を外したlung perfusionだと思います。
こちらは、痛風に見られる尿酸結晶を画像化した様子です。これを患者さんに見せると、実感がわいて薬をよく飲んでくれるという医師のコメントがあったそうです。なるほど〜それは役に立ちますね。

各社Dual Energyの構想はいっぱいありますが、何といっても現存するDual Energyはシーメンスだけですのでね。すごいです。MRIをやっているコントラスト派としては、とても興味のある領域です。