Dec 13/2005

RSNA放課後日記 4日目(川田)

RSNA も後半戦に入りました。朝、夕に行われるRefresher course は、ほかの一般口演と比べて、分かりやすい英語で、比較的ゆっくり話してくれます。とは言っても、やはり自分には聞き取り困難でした。

会場に隣接するミシガン湖は、表面積5万8千km2、最大水深280m(ガイドブックより)でアメリカ5大湖のうちで3番目に大きいそうです。会場から眺めるミシガン湖は、対岸が見えず、水平線が見えるのみで、ほとんど海のようでした。

夏期には遊覧船があったり、遊泳可能な場所があったりするそうですが、この場所では、遊泳禁止でした。

今日はエーザイさんの『イブニングセミナー』がシカゴ大学でありました。近くのHOTEL までリムジンで迎えにきていただきました。写真に納まらないくらい長い車でした。普通免許でOKなんですかね?

高原注:このイブニングセミナーは、長くアメリカにいらした聖路加の沼口先生が司会を勤められる会で、今回も渡米中の先生方の有用なお話が聞けたのですが、とくに、MD Anderson Cancer CenterのRadiation Oncologyの教授であるRitsuko Komaki先生(渡米生活35年でいまや日本語で話すことより英語のほうが容易であるそうです)の英語のご講演がすばらしく、出席者は一様に感動していたと思います。偉人の言葉をたくさん紹介してくださったのですが、Marie Curie(キュリー婦人)の言葉で、" Be less curios about peoople, and more curious about idea."というのが、覚えやすく、一番印象的でした。研究にはとても重要なことだと思いました。

なお、渡米されるつもりのある方で、Radiation Oncologyだけでなく、Oncologyに興味のある方は、この小牧先生にアポを取られるとよいと思います。当該施設では日本人の評価は極めて高く、とても歓迎されること、また小牧先生が本当に面倒見の良い方で、いろいろとサポートしてくださるとのことでした。

セミナー終了後、GEさんのparty に、やや遅刻気味に参加させていただきました。写真は会場の『Aon (エイオン)building』です。

Party 会場は地上80階にあるfloor で行われました。ここからはシカゴ市内が一望出来、夜景の眺めは最高でした。