Dec 24/2004 武藤真紀子先生のRSNA体験記:5日目
5日目(12/1):この日は快晴でした。午前中はシカゴ美術館で、カイユボット、ルノワール、モネ、ピカソ、スーラ、ゴッホなどの素晴らしい絵画作品等を駆け足で鑑賞しました。

 その後、学会会場に戻り、シーメンスの特設展示場で、最先端の技術について話を聞くことができました。数年後、自分が関わるかもしれない未来の技術に、夢が膨らみました。

午後は、機器展示(洋書)やポスター展示を見て周り、夜は夜景の素晴らしいところで「明日にはシカゴを立つのか〜」と感慨に浸りました。

この5日間、時差ぼけか、夜更かしの成果か?毎日夕方はすごく眠かったですが、特に、夕食で照明を落としたレストランに出掛けると、暖かさと程よい暗闇がトリガーとなり、眠たさのピークは続きました。お酒を飲むと、さらに眠気に追い討ちがかかり、食べる事が好きな私なので、これは本当に辛かったです。

ホテルに帰り、もう少しポスター展示を見るべきだったと反省した後で、急遽、帰国を延期することに決め、手続きを始めました。幸いなことに、翌々日の成田への便が空いていたので航空券は大丈夫でしたが、ホテルが延泊できず、新たに探さないといけないことになりました。