Dec 1/2004 テレビの字幕を表示する (Closed Caption)
アメリカへ行ったときに、テレビを見ようと思うと、Nativeの英語なのでわかりにくいですよね。このようなときに英語字幕を表示する機能があります。これを closed キャプションと呼んでいます。

このシステムは、聴覚障害者もテレビを見て内容がわかるように開発されたものです。英語を聞き取りにくい日本人にとってもとても役立ちます。

1995年に留学したときに、すでにこのシステムは存在していましたが、だれにも教えてもらうことはなかったので、約1ヶ月間、字幕のないテレビを見て過ごしました。

1ヶ月後にこの機能に気がついて、何だ早くわかっていればよかったのに、と思った覚えがあります。

Closed Captionは、テレビのリモコンから設定します。

このリモコンでは「ファンクション」というボタンを押すと、選択できるようです。

以前自分が留学していたときのリモコンには、「 CC 」というボタンがありました。

「ファンクション」のボタンを押すと、このようなメニューが表示されました。

「CC」と書いてあるのがClosed Captionです。

これを操作して、 CC-1に変更すると字幕が表示されます。

なお CC -2というのもあるのですが、私はその違いについてよく知りません。

はい、このように字幕が表示されました。このように長く喋るときには、特に有用で、とりあえずどんな英語が話されたのかはわかります。

そこから先がわからないことも多いですけれども(^^;)

下に表示しているのは、実際の画面の動画( QuickTime )です。8メガバイトありますが、高速回線の方は、 PLAYボタンを押してご覧ください。