Dec 5/2002 Philips PET-CT
PhililpsのPET-CT はユニークな構造となっており、PET部分とCT部分がセパレートされています。 注1:ここでご紹介している写真は、当該企業の許諾を得て掲載しています。無断で他の目的に流用したり、あるいは他のサイトにコピーすることはできませんのでご注意下さい。

注2:本ホームページで紹介する写真の内容には、最新の事柄が多いため、薬事未承認の技術や装置が多数含まれています。日本で使用できるようになるためには、薬事審査を通過する必要があります。あらかじめお断り申し上げます。

寝台により近いのがCT部分。これは2列のCTとのことです。
ごらんのように、2つのドーナツの間にはボタンが付いていて、之を操作すると...

このように、くっついたり、開いたりします。最大に開くと1メートルの間隔が生じます。

ごらんのように、最大に開口したときには、間に人が入れます。このような機能は、CTのみで使用したり、インターベンションを行うときに便利だ、とのことでした。

\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\