Sep 25/2004 2004/10/2(土)のPARIS Tokyoで発表します。
年、秋に行われているParallel Imaging Symposium (PARIS)ですが、今年も来週土曜日に行われます。今回は、別の講演会と日付が重なっていて時刻が異なる(参加しやすい)こと、および拡散強調画像のことが話題になっているので、例年は2,3日前にならないと数が増えないオンライン登録は、すでに300名を超えているとのことです。

参加希望の方は以下のサイトから早めにお申し込みいただくとよいと思います。

フィリップスメディカルの当該ページ

October 2, 2004 - October 2, 2004

Parallel Imaging Symposium Tokyo 2004


MRの最先端、旬の話題、学術情報を満載にしたParallel Imaging Symposium Tokyo 2004を以下の日程にて開催致します。

先生方のご来場を、心よりお待ち申し上げております。

■日時 2004年10月2日(土) 15:00-18:00

■場所 東京コンファレンスセンター品川

【住所】東京都港区港南1-9-36アレア品川

【電話】03-6717-7000

■会費 無料(会場準備のため、事前の参加登録をお願い致します)

■代表世話人 似鳥 俊明 先生(杏林大学)

■プログラム

第一部 最近のMRI診断の現状

座長:似鳥 俊明 先生(杏林大学)        

15:00-15:20 1. 子宮のMRI−高速撮影法の新たな臨床 応用の試み

今岡 いずみ 先生(天理よろづ相談所病院)   

15:20-15:40 2.MDCT時代における腹部MRIの活用法

南 学 先生(筑波大学)      

15:40-16:00 3.早期関節リウマチのMRI診断

上谷 雅孝 先生(長崎大学)  

16:00-16:10 休憩

第二部 心臓・血管領域のMRI

座長:栗林 幸夫 先生(慶応大学)       

16:10-16:30 1.Whole heart MRAの現状と将来展望

佐久間 肇 先生(三重大学)    

16:30-16:50 2.頚動脈のプラーク画像

吉田 和道 先生(倉敷中央病院)

16:50-17:00 休憩

特別企画:体幹部拡散強調画像の臨床応用

座長:那須 克宏 先生(国立がんセンター東病院)      

17:00-17:15 1.躯幹部拡散強調画像の概要

高原 太郎 先生(東海大学)    

17:15-17:30 2.躯幹部拡散強調画像の臨床

原留 弘樹 先生(杏林大学)  

17:30-17:45 3.躯幹部拡散強調画像の不思議

那須 克宏 先生(国立がんセンター東病院)    

17:45-18:00 討論

躯幹部拡散強調画像の機序と今後の課題



■主催 フィリップスメディカルシステムズ(株)