Oct 2/2001 MR学会報告(2)
ZIO M900の新機能

来春に4D解析が出来るようになるようです.

このように,多数のファイルを同時に読み込むことができるようになります.

これらのファイルは,各スライスにおける多時相ファイルです.

ですから4D表示ができるというわけです.

収縮期のVRですが,これは時間の情報も持っていますので,
立体のまま拍動します.これは拡張期のタイミングでデジカメ撮影したコマです.

そのほかも沢山の機能強化がああり,血管の中心部分を自動トレースするセンタートラッキング機能なども装備されるようです.

PACE

シーメンスの新しいmotion correction機能で,ワタクシは大変興味を持っております.今年中にリリースされるような感じです.


\HOME\自己紹介\MRIの本\学会報告\学会TIPS\発明\便利グッズ\
\最近の活動\Taro's\LINKS\