Apr 6/2002 好評お弁当シリーズ(?)その2 + 案内図
正月にアップしてご好評をいただきましたお弁当の話ですが、今回のもよろしかったですよー。

そう。ランチタイムセミナー出た方はご存じですね。

このお弁当すごいんです。

なにがスゴイかというと...

じゃじゃーん。11時の位置に、何も入っていないところがあります。

近づいてみると...

おお!

この場所にお茶を入れるんだ!!

載せるとこのような状態になります。

ランチョンでは机がないので、お弁当は膝の上において食べますが、このときお茶の置場に困った人は多いはず。お尻をずらして椅子のはしにお茶を置いたり、ちょっとばっちいけど床に置いたりしましたよねー。

これはすごい発想です。

「ゼロの発見」ですね。

「余白の美学」と言ってもいいな。うんうん。

すごく納得のお弁当でした。

ちなみに販売元は「一冨士ケータリング株式会社」です。

ホームページはここ

「幕の内弁当」のなかのこの商品がそうだと思うのですが、うむ、その写真には空白部分はありません。

最近工夫したものなのでしょうか。
実用新案とかとってあるのかな。

興味津々でした。
で、メールは... 勿論出しました。お返事くるかな〜(^^)


、話は全く変わって、展示会場で配られていた案内図のことです。

皆さん、これはNGだと思いません? だってこの地図には番号しか書いていないんですよ〜。こんなに余白があるんだから、会社名の略称くらい書いてくれたらいいじゃないねえ。これは余白の美学じゃなくて、「余白の無駄遣い」だっ。

番号だけ書いてあっても効率的に動けないので、最初にこのようにメモをいれました(急いで書いたから乱筆失礼)。

ところが番号から名前を調べようとすると..あれ?

番号がばらばらだぞ。ああ、アイウエオ順なのか。こんなに少ない数でアイウエオ順にしてもなあ*。地図には番号しか書いてないんだから、番号順に書いて欲しいなぁ。

もちろん、アイウエオ順で会社名を探してから番号を見る人もいるとは思うけれど、1個1個探すのは効率悪いです。だって「テラリコン」って「エルク」が販売してるんでしょ。上の、書き込んだ地図をみればまとめて把握できますけど、左の表だとひとつひとつ探した後に、ああ並んでるんだと初めて分かります。

こういうわかりにくさは企業にとってもマイナスではないでしょうか。きっと皆様は高い場所代を払っているのでしょうから、これは改善するように頼んだ方がいいのではないかと思いました。生意気いってスミマセン。

*アイウエオ順が最も有効なのは、「あ」「い」「う」などのタイトルがもれなく続くようになっているときである。不連続であると前後関係の把握が困難になり検索効率が落ちるからである。このため概ね100以上の項目があるときに利用すると効果的である。

*なお、もし番号順でないのなら、広さ順=会社の規模順=訪れる人数の期待値順=探される期待値順、にならべるほうがいいと思うけどなあ。その方が利用料金の観点で考えても公平ではないでしょうか。


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\