May 25/2002 Parasailing
会出席の最終日、せっかくだから何か面白いことをして帰りたいなと思い、短い時間で楽しめるものを探したところ、2時間半で帰ってこれるというパラセーリングがあったのでこれに行って来ました。
関係ないけど会場で会った山田恵先生。通称やまけい。「おいこらこんにちは友達」です。

彼は家族と来ていましたが、実にまじめに毎日学会に来ていました。エライ!

もちろん私も真面目にでていました。(最初に断っておかないとねぇ〜)

このあと僕はパラセーリングに出発しました。

パラセーリングは一人で挑戦です。

RV車で港まで連れて行ってもらい、その後かっこいい、いかにも速そうなボートに乗り換えます。ちょっとやばそうだな〜なんて思い緊張。

パラシュートを装着するためのベルト(左下)と、救命胴衣(下)をつけます。

その間に船はどんどん沖へ向かいます。

沖合へでたところで、たたんでいたパラシュートをそおっとひらくと、船は微速にもかからわず、ふわっとパラシュートが開きました。
パラシュートにバックルをつけて、一度しゃがむと離陸体制完了。

この写真は、一緒に船に乗った新婚さんに撮ってもらいました。

あれえ、もう浮いちゃった。な〜んだ、ぜんぜんこわくないじゃん。エレベータよりゆっくりです。
あれよあれよという間に上空へ。100メートルぐらいあがりましたかね。

上空でも、高いビルから下を覗くより怖くありませんでした。よく考えてみると、バックルだけでパラシュートにつながっているだけなので、ちょっと怖いような気もしますが。

でもとても安定していて、普通に飛行機にのっている感じでした。

最後のほうでわざと船を止めると、単純降下になり....、一度下半身が海の中にはいってあせったところでまた引っ張ってくれます。

とうぜん半身ずぶぬれです。でも気持ちいい。

ホノルル空港のそばなので、このように飛行機がときどき通ります。

これは写真を撮ってくれた新婚さん。飛行機が後ろに来たところを見計らって一緒に撮ってあげました。このように2人でも乗ることができます。

上空からの風景は残念ながらカメラでは撮れなかったので、SmartSketch(というソフト)で絵をかきました。
なかなかうまく雰囲気だせました。こんな感じにみえるんですよ〜。
両手で持っているベルトがパラシュートにつながっている部分です。
また、ずーっと遠くの船まで、ロープでつながっています。上空はエンジン音が遠くに聞こえるだけで、心地よい風が吹いていました。

料金は30ドルと、他のアクティビティに比べてもかなり安かったです。また所要時間も往復の送迎を含めても2時間ちょっとで、お手軽に楽しめて○でした。


\ HOME (MRI)\HOME (PowerPoint)\自己紹介\MRIの本\学会報告\
\ 学会TIPS\発明\便利グッズ\\最近の活動\Taro's\LINKS\