成田空港のシャワー施設について
今はISMRM出席のため,経由地のロンドンにいます
(2001/4/21)

成田でシャワー施設を使ったのでその話をしますね.
僕は最近4回ほど続けて成田空港でシャワーを浴びてから出発しています.

何で?という感じかも知れませんが,これがすごくいいんですよ〜.成田空港って遠いので,重い荷物をもってやっとこどっこいしょとかやっていると,気が付かないうちに案外汗かいてたりしますね.

そこでシャワーを浴びてみた訳なんですが,湯上がりに自分の家の前から飛行機に乗るみたいな感覚になるんです.一度知ると,もうやめられないって感じです.

20分もあれば利用できますし,料金も極めてリーズナブルですから,ぜひお試しあれ.

料金は,シャワーなら30分で300円です.

バスタオル,シャンプーなど必要なものがそろってこの値段ですから,人件費を考えると赤字経営ですね.つまり完全なサービスなわけです.

仮眠室もあって,こちらは最近込んでいるのですが,仮眠するためのベットのほか,上記のシャワー関連装備もあります.こちらは1時間で500円ですが,広いので休憩したい人はおすすめです.航空会社のexecutive roungeなんてメじゃないprivateな時間が確保できます.(でも電話とかはダメ.ま,仮眠室ですから)

中の様子です.

バスタオルとハンドタオル(左)

トイレはウオッシュレット(中)

ちなみにこれは第2ターミナル内の施設で,第2のほうがちょっと古い感じですが,すこし広いです.僕がいつも使用している第1ターミナル(UAを乗るときに使う)はやや狭く,やや新しく,しかしウオッシュレットではないという違いがあります.

外のドレッシングルーム.

ドライヤー,櫛もあります.

それから扇風機も装備されています.

以前は歯磨きまであったと思ったんだけど,いまはなくなったみたい.

この内容で300円ですから驚きます.銭湯よりいいよね.(ちなみに第2の施設の浴槽は深いので,湯にも入れます.第1のはちょっと無理っぽい)

シャワー室のドアが並んでいる廊下です.

第2のほうが沢山あるみたいです.

入り口はこんな感じです.

名前はリフレッシュルームといいます.この名前は第1,第2おなじです.

リフレッシュルームのある場所(第2ターミナル).

コンコースC,D,Eに向かうところにあります.僕は今回B74ゲートからの搭乗(ANA)だったのですが,全然問題なく使用できます(近い).

反対側にはオーディオルームもあります.

ちなみに第1ターミナルの地図はもっていないので掲示できませんが,免税店などを通過して,UAの出発ゲートのそばまでいくとに奥あります.

なお,最近の情報によると,お盆の繁忙時には,混んでいて利用困難だったそうです.だんだん人気がでてきたのかな..