Dec 20/2002 映像情報 臨時増刊号「 Routine Clinical MRI 2003」
像情報 臨時増刊号の「Routine Clinical MRI」が12月20日発売になります.

この本の内容は,日赤医療センターの扇和之先生により企画されました.目次は下にお示しする通りです.

私はISMRMの時の座談会に出席させていただきました。


ROUTINE CLINICAL MRI 2003 BOOK

企画:扇 和之(日本赤十字社医療センター放射線科)


【巻頭言】企画協力にあたって/扇 和之

【総 説】ISMRM、2004京都開催までの道程/ 平敷淳子

【座談会】各エキスパートからの提言〜MRIのさらなる進化を求めて〜
谷本伸弘、佐久間肇、高原太郎、大野良治、扇 和之、幡生寛人

【特 集】
●SENSEを用いたdiffusion weighted imagingの腹部領域への応用 :Black-Blood liver imaging/渡邊祐司ほか
●新しい技術を応用した躯幹部・四肢MRIとMRA/廣橋伸治ほか
●Balanced TFE 法を用いたMRCP アンギオグラフィ(MRCPA)/市川智章
●最新の造影および非造影MRアンギオグラフィ/天沼 誠ほか
●MR fluoroscopyによる睡眠時無呼吸症候群の評価/深津 博
●心疾患におけるParallel Imaging法の臨床応用/小林泰之ほか
●拡散強調画像を利用した神経線維の追跡(fiber tracking)/山田 惠ほか
●PROPELLER MRI:その原理と応用/森 墾ほか
●スパイラルイメージング〜原理、アーチファクト、臨床応用〜/奥秋知幸ほか
●次世代のハードウエア技術〜EXCITEを中心に/内海一行
●t-SLITおよびSPIN Edition/宮崎美津恵ほか
●Parallel Imaging(mSENSE、GRAPPA)およびPACEとHyperecho/水内宣夫ほか
●SENSE、Balancedシーケンスを用いた先端アプリケーション〜胸腹部および循環器領域への応用/小山 望ほか
●水信号抑制技術とRFパルス制御〜TACT-FLAIR法とFLASE法〜/石川亮宏ほか
●オープンMRIの最新動向/川崎真司ほか

【我が社のMRI装置】
●GE横河メディカルシステム
●シーメンス旭メディテック
●東芝メディカル
●日立メディコ
●フィリップスメディカルシステムズ

【MRI設置病院一覧】
●機種別設置台数一覧
●都道府県別設置病院一覧