第2報: 2001/6/15
■新刊「MRI応用自在」(監修 蜂屋順一,編集 高原太郎)

・現在,各執筆者の先生方からの原稿もほぼ集まり,順調に作業が進行しています.        

 予定通り,9月20日〜22日のMR学会において販売開始できる見込みです.

・頂いた原稿は,もうホントーに,力の入ったものばかりで,嬉しい限りです.

 まだお見せできないのが残念ですが,とても具体的にわかりやすく解説

 されています.いまから9月が楽しみです.

・ページ数はおそらく自由自在と同じかちょっと多めぐらいです.

大まかな内容:

 体裁については,なるべく自由自在と同じような形でお願いし,その上で各先生方のオリジナリティを発揮していただいております.すなわち,概念説明をはっきりと行い,四角囲みと図表を多用して解説するスタイルです.一読してある程度分かるように,そしてその後時間のある時に調べられるようにという理念で編集させていただいております.

■技術解説:(大項目数:3)

 なんとか編集作業に間に合ったので,4月のISMRMで得られた最新の内容を反映させています.    

 ・ソフトウエア,ハードウエア:

    各エキスパートの方にわかりやすく執筆頂いています.何度もやりとりをさせていただき
相当わかりやすく,なおかつ細かい点まで網羅したものができました.

 ・開発動向:

    造影剤の開発状況や将来の展望,IT技術とMRIとの関わりなどについて,
    企業の方に執筆を頂いています.専門家ならではの観点による解説です.

■臨床応用:(大項目数:7)

 現在臨床応用が伸びつつある分野を中心に,新しい技術,いままでの知見の整理について,
エキスパートの先生方に解説していただきました.内容は驚くべきものばかりで,ここまで
 説明してくれるのかあ〜と編集子は感動しました.

 ・大項目は,Hydrography,肺,脳,消化管,SPIO,MRA,心臓を選ばせて頂きました.
詳細については,もう少し作業が進行した後にお知らせできると思います.

なお,この本はメジカルビュー社のオンラインショップ(http://www.medicalview.co.jp/)でも購入できるようになる予定です.すでに何人かからご照会を頂いたそうですが,まだ受付は始まっておりません.始まりましたら当ホームページでもアナウンスさせていただく予定でありますので,しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます.