Aug 16/2001
高原太郎/著 秀潤社
Powerpointの新刊が9月中に発行されます.
この本の要旨は,右図に集約されております.

この本は,従来の本よりもずっとビジュアルで,またシンプルです.1つの図のなかで説明する部分は1箇所にするという原則を貫き,直感的な理解を助けるように入念な配慮を行いました.

また,最新のPC presentation技術を余すところなくお伝えしています.

きっと,いままでの疑問が氷解すると思います.



第1章 Persuasionからの移行
〜心理的障壁を取り除くための準備〜

1) なぜPowerPointにしなくてはならないのか.
2)
PersuasionPowerPointの操作上の違い
3) PersuasionPowerPointに変換する

第2章 PowerPointを学会スペシャルにする!
〜お節介なPowerPointをあなたの手足にする〜

1) 背景の作り方,登録の仕方
2) ツールバーの編集

第3章 スライド作成のTIPS
〜実際のスライド作成上のノウハウ〜

1) 書式設定ツールバー(文字の修飾)の使い方
2) インデントとタブ
  - インデント=段落の字下げ管理
  - タブ=表形式の内容に整える
3)図形描画ツールバーの使い方
4)ツールバー以外の操作

第4章 画像の準備と高度な操作
〜解像度をシンプルな概念で説明する〜

1) Photoshopについて
2) 画像解像度とサイズ
  - スライドに必要な画像の大きさ
  - 画像解像度と表示サイズ\
  - スライド画面の大きさ

第5章 動画(ムービー)の処理
〜新しいPC presantation技術〜

1) PowerPoint上の動画再生機能
  - 標準スライドモード
  - スライドショー
  - QuickTIme

2) QuickTimeの使い方
  - 標準添付バージョンとProバージョンの違い
  - Proバージョンの入手
  - 多数の画像からムービーを作成する
  - ムービーの他形式ファイルへの書き出し

3) iMovie2の使い方
  - デジタルビデオとケーブルの用意
  - デジタルビデオでディスプレイを撮影する
  - iMovieでビデオを取り込む
  - QuickTimeに書き出す

4) PowerPointで動画を再生する
  - 通常の動画の貼り付け
  - iMovie書類をPowerPointで表示する.
  - QuickTime書類をPowerPointで表示する.
  - PowerPoint2001のバグと対処法

第6章 一連の作業をスムースに行う
〜もういちど概念を把握しよう〜

・ワークフロー
1) プロジェクトギャラリー
2) 文字入力
3) 図形描画
4) 選択
5) グラフ挿入
6) 画像挿入
7) 動画挿入
8) 動画のリンク

・Presentation関連操作
1) アニメーションの設定
2) スライドショー上の操作
3) スイッチングソフト

第7章 効果的なプレゼンテーションと,やってはいけないこと

1) 何のために発表するのか
2) 口頭発表は1分間350字(上限)
3) 時間超過したときのペナルティ
4) 練習をしよう
5) ポインタの指し方
6) 効果的なアニメーションと,有害なアニメーション

第8章 そのほか

1) インターネットで見れるようにするには
-PowerPoint 2001での方法
-PowerPoint 98での方法
-HTMLファイルの使用方法
2) Windowsとのデータ互換


\HOME\自己紹介\MRIの本\学会報告\学会TIPS\発明\便利グッズ\
\最近の活動\Taro's\LINKS\